FC2ブログ

先日バイトで缶ビールを陳列中に、缶を倒して穴を空けて中身を溢してしまった。幸い被害は最小限にとどめることができ、後処理も直ぐに終えられたが、その際漂うビールの臭いを嗅いで「やっぱ無いな」と思った。
二十歳になってもうすぐ一年だが、飲酒回数は片手で数える程度しかない。そして、美味しいと思ったことは一度も無い。
会話の中で酒の話になったときに、自分が殆ど飲酒しないことを言うと、必ずと言っていいほど驚かれる。すると奴らは決まって、何故か「飲みやすい」酒を薦めてくるのである。
何故「美味しい」酒を薦めないのかと聞くと、飲んでくるうちに慣れて美味しく感じるようになると言うのである。最初は嫌なものを摂り続け、後から慣れてくるというのは、私の行動原理に反する(=理解が出来ない)ので、私はこれを聞いても酒を飲もうとは思わない。健康以前の問題である。のど越しとかいうのもよく分からない。
※上の文の「酒」の部分はコーヒーに置き換えても成り立つ
(ぶっちゃけ飲みやすさでいえば精液の方が飲みやすいし一時期ハマったのだが、あれは飲み物ではないので飲むのを止めた)
そして何故か奴らの一部は煙草に嫌悪感を示すのである。私からしたら、どっちも同じものにしか見えないのだが(煙草もまずかった)。
私はいわゆる陰の人間なので、飲み会などで酒を強制されるという経験が全くない。このことも何か関係しているのかもしれない。それでも大多数の人間が酒を好む理由がよくわからない。酒の歴史は紀元前にまで遡るらしいので、何かしらの理由があるのだろう(調べる気はない)。
去年も似たようなことを書いていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR