FC2ブログ

09/29

最近のまとめ
・ハイスピを若干速くした(緑数字換算で290→283)
・エアゴ、モリオン、エルザがある程度こなせるようになってきた そろそろハードしたい
・★5でもbpを一桁以内に抑えられるし意外とFCもできる
・★21の中でも(難度的に)易しい譜面をいくつかやったが、ガチ押しとディレイに関してはまったく歯が立たなかった
・体感的に★20~★23の難易度の幅が広く感じた

今日のリコメンド:★21.63
スポンサーサイト

そうめんかぼちゃ

昨晩、我が家の食卓に謎の料理が出てきた。

(下の黄色い麺状のやつ)

ぱっと見切り干し大根に見えたので、なかなか斬新な料理だと思っていたが、母に聞いてみるとどうも違うらしい。その野菜の正体は、「金糸瓜」と呼ばれるものだった。


西瓜のような外見、南瓜のような種子とわた、胡瓜のような食感という面白い特徴があるが、それよりも面白いのは、この野菜の下拵えの段階にある。

生のままだと南瓜のように固いが、茹でると柔らかくなる。ここまでは普通なのだが、この身をほぐすと、素麺のように実が取れる。ほぐれた実は鮮やかな黄色をしているので、先の画像はほぼ未加工であることが分かる。
このような特徴から、俗に「そうめんかぼちゃ」と呼ばれる。ちなみに英語だと「spaghetti squash(スパゲッティ瓜)」となる。

後日、この野菜を探しに近所のスーパーを巡ってみたが、まったく見つけられなかった。母はどこからこんな野菜を仕入れてきたのだろうか…

足が

痛い

意識していること

最近調子が良いので
・よく寝る(7時間)
・よく食べる
・しっかりアップをする(★3辺りから★12辺りまで徐々に上げる)
・アップ15分特攻45分(目安)
・未クリアのイージー特攻メインで、滞ってきたらハードも狙う
・やや静かに打鍵
・しっかり手を休める

GOD

ようやく倒した。これで★1~14が全白になった。


今日は無駄に10時間睡眠だったが、これがむしろ良かったのかもしれない。が、夏休みが終わるとこんなことはしていられないので、何か別の調子・地力上げの方法を模索していきたい。

今日のリコメンド:★21.52

地力上げ

やっぱりイージー特攻の方が良い気がしてきた。イージーゲージの仕様を勘違いしていた。

ポップン

先週始めた。
20170916160106070.png
20170916160131f66.png
久しぶりに新しく音ゲーをはじめたので新鮮で楽しかったが、それ以上に思ったことがいくつかある。


・階段が押し辛い
・同時押しができない

ボタンが大きすぎるので完全固定ができず、即座に適切な運指を組まないと処理することができない。二重階段や5個以上の同時押しは難しい


・腕が痛い
・手が痛い

大きく腕や手を動かすことになるので、当然疲れる。さらに、他の音ゲーではほとんど使わない部位を使うので、酷使するととても痛い。


・知らない曲が多い
・判定がわからない

知らない曲が多いと、リズムがわからないので全然光らない。逆に未知の良い曲に出会えるチャンスが多いとも言える。判定はしばらくすれば慣れてくるだろう。クレをたくさんつぎ込め


・ハイスピ調整がめんどくさい
ボルテみたいにするかチュウニズムみたいにするかしてほしい

※2018/08/23追記
11ヶ月経って色々と変わってきた
・階段は手の動きごと覚える 二重桂馬階段、一段飛ばし、折り返しは未だに苦手
・同時押しは素早く運指を組めばいけるが早いと無理 146→469みたいなのが苦手
・無駄に動かさなければそんなに痛くはならないが、1時間もやれば痛くなってくる
・判定は慣れた 意外と素直な配置が多いから知らない曲でもいける
・ハイスピいちいち変えるのはめんどい



ポップンには、所謂レートや段位といったものは無かった(気がする)ので、とりあえず最高レベルの50がクリアできるまでは頑張りたいと思う。
多機種の音ゲーをやっていると、ある音ゲーで得られた知見が他の音ゲーに活用できて、その結果地力が上がるということがしばしばある。ポップンも何か他の音ゲーに良い影響を与えてくれるだろう。発狂BMSに期待したい

努力をしない

で結果を出すことはできるのか

09/11

★21を少しやったが全然駄目だった
★20を半分以上ハードできたら再度やってみようと思う
★12Gengaozoと★18図書室のエルザのハードが見えてきた
通しで2時間やらずに1時間ずつやったが、結局後半は疲れて駄目だったので、やっぱりbmsは一日1時間

今日のリコメンド:★21.46

単曲ハード粘着

主に自分の地力でなんとか突破できそうな曲に対して行うことだが、私はこれを地力上げに使っている。
よくある地力上げの方法としては、色んな挑戦段階の譜面をイージーゲージでやるというのが挙げられる。私もよく聞いたこと見たことがある方法で、これが一番良いと思っていた。
しかし、最近の私は常にハードゲージで下から挑戦するという感じでやっている。イージーゲージを使う場面は、譜面の内容を忘れた・知らないとき、LN難易度表や皿難易度表をプレイするときのみである。
常にハードゲージ、かつ単曲粘着(場合によっては一日に40回以上)というのは、よく言われる方法とは真逆である。が、常に同じ譜面をやることによって、その譜面の持つ属性(同時押し・乱打など)に慣れ、結果的にその属性に強くなれると思っている。さらにハードゲージを用いることで、常に緊張感を持って集中してプレイできるとも思っている。
特に高難易度では、イージー難度≒ハード難度という譜面も多く、難易度が飛躍的に上昇するというのはあまり無い。

これと関連して、この方法は私の受験勉強のときの方法と似ている。教師たちは満遍なく色んな教科の勉強をしろなどと言っていたが、私はやりたい教科をやりたいだけやっていた。その結果、各教科の実力がものすごく偏ってしまったが、苦手分野がはっきりと現れ、数日間それのみに集中することでそれなりに地力をつけることができた。

勉強法は人それぞれと言われるように、音ゲーの地力上げも人それぞれなのかもしれない。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR