FC2ブログ

集中力

以前も同じようなことを書いたが、発狂四段辺りを超えてくると、(一般的な意味での)ゲーム感覚でプレイしていては、それ以上の成長はあまり期待できない。上を目指すとなると、練習量や集中力は大きく異なってくる。
ある程度の実力を持った人なら、☆一桁の譜面は集中せずとも軽々とクリアするだろう。だが、適正難易度の譜面となると話は違ってくる。クリアできるかできないかの難易度だったら、自ずと集中力は涌き出てくる。それでも、何かの拍子に集中力がぷっつり切れてゲージが直落下、なんてこともよくある。段位だったらそのまま閉店である。

私はこの問題を改善するために、ハード埋めとフルコン埋めを重点的にやっている。この2つはイージー・ノマゲと違い、演奏中は常に集中する必要がある(強制される)。こうすることで、ノーツを確実に認識する集中力が養成されると考えている。これらはbmsの上達法では何故か否定されているが、私は二度に渡りこの方法で圧倒的成長している*1ので、今後も続けていく予定だ。
また、私はノマゲに関しては一切やっていないが、クリア難易度が イージー<ノーマル<ハード のような譜面に対しては、十分有効だと思う。


*1:今現在、イージーのみでBMSをプレイしている知り合いがいるので、それとも比較してみる予定である







(以下の内容を書くのは躊躇っていたが、某超上級プレイヤーが似たようなことを書いていたので、私も書いてみた。)
もう一つ、集中力を別の観点から
「BMS自体に集中する」という集中力もある。
一曲一曲に集中するのも重要だが、一連のBMSのプレイに集中することも重要だと考えている。勉強と同じで、騒がしい空間と静かな空間での学習では、後者のほうが集中できるのは明らかだ。
私はBMSをプレイする際、静かな空間でかつ邪魔の入らない環境でBMSにのみ向かってプレイしている。スマホやその他ゲーム類はなるべく使わないようにしている。
たまに、リザルトをTwitterに上げながらプレイしている人を見かけるが、私はなるべくしないようにしている。BMSをやっているときは、BMSのみやっていた方が集中できると考えているからだ。
(この辺りは人それぞれやりたいことや目標が異なるので、これ以上は書かない)
スポンサーサイト

06/27

アップは中速乱打だけやった
★18千年ババアと★19サブコンをハードした
全然関係なかった

今日のリコメンド★21.02

アップ

いくらゲームといっても、このレベルまでくると本気で取り組む必要がある。だが、いきなり高難易度をやっても、体(主に指と目)がついていかない。その問題を解決するためには、先に準備運動(アップ)をする必要がある。

今まで私は、とりあえず指が動き物量が見えるようになればいいと思って、★1辺りから徐々にレベルを上げて好きな譜面をプレイしていた。これで問題はないと思っていたが、最近ちょっとしたことに気づいた。
その日のプレイに何か進捗(bp減少orランプ更新)が出たとき、アップに使用した譜面と進捗の出た譜面の属性が、ほとんど一致していた。アップでガチ押しをやればガチ押しが伸び、皿曲をやれば皿曲が伸びていた。
ということで、先日アップで中速乱打*1をやったところ、予想通り中速乱打が伸びた。私が中速乱打に苦戦していたのは、アップでそういう類の譜面をやってこなかったのが原因かもしれない。実際、縦連や皿曲が好きでアップでよくやっていた。
ただこの方法で懸念されることは、上がった地力は一時的なものではないか、という点である。ただの「慣れ」であればそれまでであり、成長は見込めない。もしかしたらたまたま譜面属性が一致しただけかもしれない。

発狂BMSは極めてマイナーかつ練習法が確立されてないゲームなので、色んなことに挑戦する必要がある。私の考察だって、合っているのか間違っているのかは分からない。最近はTwitterでも様々な練習法*2を見かけるようになったので、実際に試して自分に合った練習法を見つけていこうと思う。

*1:★3 Bird Sprite,★3 Debut,★9 Lunatic of the Full-Moon,★13 少女の檻 等、良い中速乱打地力譜面である。
*2:Twitterで拾ったもの。某overjoyの方の練習法である。20170627093331234.jpg

譜面属性

bmsにはたくさんの譜面がある。そして各々が何かしらの特徴(属性)を持っている。乱打、縦連、連皿、更には二つ以上の属性が複合することもある。
★1の曲を見るだけでも、
・AcceptAdvent-Border of Life-
・The Lady Is A Trump
・Espresso shots
は明らかに属性が違う。中速乱打が苦手だったり連皿が苦手だったりしたら、ランプのつき方は変わってくるだろう。同一難易度フォルダ内には尖った曲が数曲あったりするが、なんだかんだでバランスは取れてると思う。
また、bmsには段位認定というモードがある。その名の通り、プレイヤーの実力を測るモードである。多くのプレイヤーを対象にする以上、内容は公平でなければならない(と思ってる)。各段位の曲目を見れば分かる通り、各属性がバランスよく入っている。段位取得のためには、どれが欠けてもいけない、全能力を一定水準まで上げる必要がある。

話は変わって、私のbmsのプレイ(練習)方法を述べる。私は発狂難易度表の譜面をすべて所持しているので、色々な属性の譜面をプレイすることができる。
★10には多くの譜面がある。とりあえず★10の全譜面をプレイするが、★10だけやっても成長し続ける訳ではないので、次のステップ★11に取り掛かろうと考える。この段階で次のステップへ行く基準を決めていなかったので、8割埋まったら次へ進むことにした。★11をやっていくうちに、埋まってない2割を埋めつつまた次のステップへ、そしてまた埋めつつ次のステップへ、という感じでやっていた。ある程度形を持った良い練習方法だと私は思っていた。が、ここが落とし穴だった。
埋まってない2割がすべて中速乱打だったのだ。フォルダの8割という譜面属性を無視した練習をしていたせいで、いつのまにか苦手属性のみがその2割に収まり続け、その属性がまったく伸びない事態になってしまっていた。
実際に私のランプを見ると、ガチ押し、皿曲等は★20辺りまでできているが、中速乱打は★12ですらまともにできていない。
こうなると何が起こるか、段位で特定の曲がまったくできなくなるのである。発狂五段のときが特に顕著で、3曲目の★14Angelic snowのせいで合格が発狂七段とほぼ同時期になってしまった。そして今、発狂八段の★20水晶世界に苦労している。こうなってしまうと、目標としている発狂皆伝の取得も遠のいてしまうだろう。

この状況を危惧して、私は中速乱打の練習を始めた。とりあえずエアゴはクリアしたい


~補足~
この状況に気づいたのは以下の背景がある。
私はLN譜面もプレイしている。一応こちらも皆伝の取得を目標としている。一口にLNと言っても、高速乱打、拘束乱打、時間差、カーテン(穴抜き)、LN皿など様々な属性がある。
私がLN難易度表をどのようにプレイしたかというと、曲数が少ないため全曲埋めを目標にしていた。が、◆10に取り掛かっているときに、ある2曲(CHAINSAW PARTY,星蝕セクエンス)に苦労した。この2曲は共にカーテンの属性を持っていて、慣れない配置に非常に苦労した(このせいで六段にも苦労した)。◆8 evangelizeなどを練習してある程度できるようになったが、ここで「発狂難易度の方でも同じようなことが起きているのではないか」、と思って上のような考察ができた。
実際はLNよりも酷い事態になってしまっていたが、苦手要素が分かった以上、重点的に練習していこうと思う。

06/20

ランプ状況

順調にイージー・ハード埋めができている。★12から★15の未難譜面は地力を上げて再挑戦することにした。これからは★19を中心に練習していこうと思う。

また、最近始めた筋トレのお陰か、ガチ押しと連皿が得意になってきた気がする(★18 午後のこいしちゃんハードや★★3 DISCHARGE RUSHイージーなど)。
その一方で、順調に伸びてきているものの、中速乱打とディレイ(高速乱打)がやはり苦手である。overjoy辺りからはこちらの要素がより必要とされる場面が増えてくると思うので、練習して伸ばしていきたい。

今日のリコメンド ★20.81

音ゲーをやる上で、避けては通れない要素である。

よくあるケースとしては、段位等の粘着で正規譜面を強制される場合がほとんどである。私自身、八段の粘着と赤鮭穴でのイージー粘着(正規)で発症したことがある。結局どちらも運で抜けたようなものであるが、譜面が全く押せなくなるのがとても不思議だった。これ以降発症したことは一度もないが、気になったので色々と考えてみた。

まずは癖が発生する原因を考えてみる。恐らく一番多いのは、プレイヤーの地力不足だろう。恐らく皆伝ならほぼ全員、ギガデリは容易に突破できると思う。しかし、八段挑戦段階の地力ではあのトリルは酷な配置だろう。そこで何を考えるかというと、トリルを覚えようとすると思う。できない所を覚えて対策するというのは、誰でも理解できる話だ。しかし、ここが落とし穴だと私は考える。

高難易度をやっていくうちに、このゲームはノーツを記憶するのではなく、ノーツを認識して打鍵するというのが分かると思う。ここで、ノーツの特徴を記憶してしまうと、言語での記憶のアウトプットと譜面の認識でこんがらがってしまうと思う。難所に備えるというのは大事だが、八段程度では無理があるだろう。

人間の記憶の仕組みについて調べてみたら、2通りの記憶の方法があることが分かった。言語型の記憶と、イメージ型の記憶である。前者は左脳、後者は右脳を使った記憶である。
一般に、右利きの人は左脳をよく用い、左利きの人は右脳をよく用いて記憶すると言われている。
ここであの配置を見たらどう記憶するだろう。左脳派は配置の特徴を言語化して覚えると思う。そして、右脳派は配置をそのまま画像化して覚えると思う。これをアウトプットするときにどう違いが出るか。左脳派は、さっきの通りこんがらがってしまうと思う。それに比べて右脳派は、記憶と実際の認識にズレがない分やりやすくなると思う。

私は右利きだが割と右脳派である。一時期左手ばかり使って生活していたせいかもしれない。他の音ゲーマー(右利き)と話をしていても、癖がつくという話は私以上に聞く。

また、左利きの音ゲーマーに、癖がつきやすいかという話を聞いてみたが、粘着をしないような人だったので結局よくわからなかった。この仮説自体信憑性の欠片もないので実際はどうか分からない。

世の中に潜む数学

人生がラクになる数学のお話43 柳谷晃/著 文芸社
20170606202606170.jpg

私は今、人生に色々と不安がある。不況や就活など、将来上手くやっていけるか心配だ。
そんな中、図書館でこんな本を見つけた。数学徒であり人生に困窮している私からしたら、自分の得意分野でこの問題が解決できるというのは非常に有り難い。



まず本書はこう始まる。

「あなたの存在は偶然であると言われたら、あなたはどんな気分がするだろうか。
偶然の存在なら、価値のない存在ではないか、と思うかもしれない。
では、あなたがいることは10億分の1の確率より小さいと言われたら、どうだろうか。」


どう捉えるかは個人の自由である。それより、こういう所は私自身、数学で好きなところである。事実を捻じ曲げずに、与える印象をガラッと変えることができるのはとても面白い。メディアの印象操作でもよく用いられる手法である。

内容はというと、確率に関する話が多かった。世の中で起こる事象は確率に基づいていると考えれば自然である。
まず、地学の観点から「宇宙や地球その他太陽系のできる確率」、生物学の観点から「人間のできる確率」をそれぞれ検証していた。よく知られていることだが、これらの確率はゼロと言っていいほど小さい。私たちがいま何気なく生活しているこの環境は、偶然が産み出し、偶然に支配されているのである。
一方、偶然のようで実はそうでないものもある。「13日の金曜日」といえば、一般に不吉とされている日である。ここで、印象に残るが故「13日の金曜日」は多いんじゃないかと思う人がいると思う。実際に計算してみると、確かに「13日の金曜日」は多いことが分かる。つまり、このことは偶然ではなく必然であるにも関わらず、人の思い込みで偶然であるとみなされてしまうのである。
他にも確率以外の話もあったがめんどくさいので割愛する。



想定していた内容とは少し違っていたが。色々と考えさせられる良い一冊だった(「2桁どうしの乗算のコツ」とか「期待値から考える最良の選択」みたいなものだと思っていた)。本書はタイトルに数学という文字が入っていながら、生物学・地学・経済学・社会問題まで踏み込んで様々な考察をしていた。こうした広い知識を持ち多角的な視点から考えることで、このような考察ができたのかもしれない。(かの有名なポアンカレ予想は物理の考え方を用いたらしい)


偶然に関して、私は高校時代に体育教師から印象に残る言葉を貰っている。

「運とは備えがチャンスに出会うこと」

さらに、本書の〆の文も載せる

「なるたけ失敗しない人生を送るためには、自分の与えられた能力で常に努力し、自分の技術を進歩させる。それを人のために使う。ならば偶然が微笑んでくれるだろう
また絶好のチャンスと思われることが突然、自分の前に来た時ほど注意する知恵を持つことだ。そんな偶然はないのだから」


やはり同じ人間、同じところに辿り着くのだろうか

06/02

現在議論されている発狂段位の曲目が粗方決まってきているらしいので、アップがてら試しにやってみた。段位は発狂七段である
↓Twitterで拾った画像

★17★18は特に粘着していないので実質初見に近い状態のプレイになる
↓結果




~感想~
意外とすんなり行けた。皿やソフランがほとんどないのでKB勢からの文句も出ないだろう。私の苦手分野がほとんどなかった為、現七段よりは幾分簡単に感じられた。現六七八段の難易度の差がおかしいので、それをなだらかにするための易化だろう、★19 Vallistaは強すぎた。


~ランプ状況~

滞りなくランプ更新できているのは非常に良い。ただ、明らかに中速乱打が他に大きく遅れをとっているのでいい加減克服したい。少なくとも図書室のエルザハードとエアゴイージーは早めに達成したい

今日のリコメンド★19.78
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR